赤とんぼ
作詞:三木露風
作曲:
田耕筰
 
英訳:山岸勝榮(C)

Red Dragonflies
Lyrics: MIKI Rofu
Music: YAMADA Kosaku
English Translation: YAMAGISHI Katsuei(C)

無断引用禁止
英訳を引用する場合は必ず英訳者の氏名を明記してください。
商用利用禁止。商用利用の場合、英訳者との事前の合意が必要です。

You may copy / duplicate this translation as long as the translator / copyright holder is specified.
Copyright (C) YAMAGISHI, Katsuei

You may not use my translation for commercial purposes.
If you want to make commercial use, you must enter into an agreement with the translator to do so in advance.


MIDI




夕焼け小焼けの
赤とんぼ 
負われて見たのは いつの日か

Red dragonflies at sunset, red in the afterglow
Could it be the last time I saw their flight I was a child
On my Nanny's back?


山の畑の 桑の実を
小籠
(こかご) に摘んだは まぼろしか

Dark purple mulberries in the hillside fields
I gathered them into my little basket
Was that a dream or real?


十五で姐
(ねえ)やは 嫁に行き
お里のたよりも 絶えはてた

Just fifteen, dear Nanny traveled far away, became a bride
Since then not one word comes
From my sister dear


夕焼け小焼けの 
赤とんぼ
とまっているよ 竿の先

Red dragonfly at sunset, red in the afterglow
There on the bamboo fishing pole it rests
As I remember



無断引用禁止 Copyrighted


赤とんぼを「負われて見た」子どもは、だれの背に負われていたのか。素直に考えれば、三番の歌詞に出てくる十五で嫁に行った「姐(ねえ)や」だろう。明治時代、雇われた先で子守をした姐やたちは、あどけなさが残る少女だった。いや違う、この歌が懐かしむ背中は姐やではなく母親のそれだ、とする見方がかつて根強かった。四番まである詞のどこにも「母」は登場しないにもかかわらず、歌の背景に詳しい人の間でも、そんな主張が聞かれた。作詞者・三木露風(1889-1964)の生い立ちには、その声に同意したくなる要素が確かにある。(中略)しかし、「負われて」論争にはすでに決着がついている。詩の生まれた経緯を露風自身が記した文章が出てきたからだ。それによると彼は、やがて洗礼を受ける北海道・函館のトラピスト修道院で窓の外に赤とんぼを見て、幼い自分を背負った子守娘を思い出したという。詩は1921年(大正10)、童謡雑誌「樫(かし)の実」に発表された。32歳の時のことだ。(中略)
 89年、NHKが募集した「日本の歌 ふるさとの歌」に全国から65万通を超す応募があった。5千曲以上の歌の中で『赤とんぼ』は第1位に選ばれる。北海道から鹿児島まで26の都道府県で一位となり、ベスト3から漏れたのは4県だけだった。(中略)九州の男性が「この詩は、日本全国どこの夕暮れ時にもマッチする。なぜだろう」と書いていた。
 なぜだろう。はっきりしているのは、この歌に懐かしさを感じない人はいないということだ。古里と呼べる土地をもたない人はいても、自分を生んだ母をもたない人はひとりもいないように。― 読売新聞文化部編『唱歌・童謡物語』(岩波書店、pp.190-192)

MIDIは「尺八の世界」様より拝借しました。
夕焼けの壁紙はこちらから拝借しました。
赤とんぼの写真はこちらを拝借して加工しました。


こちらに私の英訳を使用した、アメリカ人音楽家(Michael J. Holderer氏)による「赤とんぼ」の分析があります。




【参考】以下の文章は「山岸教授の日英語サロン」(2008[平成20]年2月18日分)に書いたものです。

「赤とんぼ」の英訳のこと

拙訳の「赤とんぼ」(Red Dragonflies)をWeb検索にかけていたら、たまたま以下のような文章に出合った(出典はこちら)。

*******************************************************************************************************
 三番目の論争は“ねえや”とは「子守娘」か「姉」かという問題。子守娘が順当な解釈だろうと思うのだが、姉とするものもある。


  山岸勝栄氏の英訳 Red Dragonfliesはこうしている。

  Just fifteen dear Nanny traveled far away, became a bride
  Since then not one word comes
  From my sister dear

   Nanny(子守娘)=sister(姉)と解釈しているのだろうか?ああ、ややこしい。
 露風の詞がこんなに異論の多いものとは知らなかった。

*******************************************************************************************************

 この「Nanny(子守娘)=sister(姉)と解釈しているのだろうか?」という疑問だが、私はそういう解釈をしていない。英語のsisterは「姉・妹のような[ように親しい]ひと」の意味で用いることもあり、私は当然、その意味で用いている。要するに、"my sister dear"は親しみを込めて"dear Nanny"(子守の(ねえ)や)に言及したものだ。
 
上記の疑問は「sister =姉・妹」と直結させたために生じたのだろうが、そういう結び付け方は、いかにも「日本人英語学習者的」だと思う。



「かあさんの歌」 「上を向いて歩こう」 「遠くへ行きたい」  「星影のワルツ」 「七つの子」
「見上げてごらん夜の星を」 英語教育の一環としての「演歌」の翻訳
― METSでの実践
明海大学学歌「よろこび」 「故 郷」 「与 作」
「証城寺の狸ばやし」 「春が来た」 「春の小川」 「こいのぼり」 「浜辺の歌」
「人を恋うる歌」  「坊がつる讃歌」 「夕焼け小焼け」 「四季の歌」 「桃太郎」 「さくら貝の歌」
「朧月夜」 「早春賦」 「しゃぼん玉」 「われは海の子」 「仰げば尊し」 「紅葉」
「赤い靴」 「浜千鳥」