金魚の昼寝
Kingyo no Hirune
作詞:鹿島鳴秋 作曲:弘田龍太郎
英訳:山岸勝榮(C

A Goldfish's Midday Nap
Lyrics: KASHIMA Meishu Music: HIROTA Ryutaro
English Translation: YAMAGISHI Katsuei (C)



無断引用禁止
英訳を引用する場合は必ず英訳者の氏名を明記してください。
商用利用禁止。商用利用の場合、英訳者との事前の合意が必要です。
You may copy / duplicate this translation as long as the translator / copyright holder is specified.
Copyright (C) YAMAGISHI, Katsuei
You may not use my translation for commercial purposes.
If you want to make commercial use, you must enter into an agreement
With the translator to do so in advance.





MIDI

1.
赤いべべ着た

可愛
(かわい)い金魚
おめめをさませば
御馳走
(ごちそう)するぞ

A pretty little goldfish
Dressed up in red clothes
When you wake up
I'll give you a wonderful meal


2.
赤い金魚は

あぶくを一つ
昼寝
(ひるね)うとうと
夢からさめた

The pretty little goldfish
Blew one bubble
And he woke up from a dream
In his midday nap



無断転載禁止
Copyrighted



この歌には著作権はありません。
MIDI はこちらからお借りしました。
イラストはこちらからお借りしました。





 下の文章は大学院修士課程1年生の大塚孝一君が書いたものです。
興味深い文章ですので、同君の了解を得て転載します。



山岸勝榮教授

 山岸教授がお訳しになりました「金魚の昼寝」A Goldfish's Midday Napを拝読いたしました。以下に分析をお書きします。

《原詞から分かる作詞者の金魚への思い》
 山岸教授がブログにお書きになっているように、この歌詞から、作詞者の鹿島鳴秋がどのように金魚を“見ていたか”ということが非常によく分かります。
 第1連では、「べべ」「おめめ」「御馳走」という語が用いられています。「べべ」は、いわゆる“赤ちゃん言葉”ですから、本来は赤ん坊に使うことが目的で用いられるはずです。しかし、この「べべ」という語から、鹿島鳴秋にとっては、金魚は、単なる“魚”ではなく、赤ん坊と変わらないほど愛らしい生き物だということが、わかります。同様のことが「おめめ」という語からも分かります。最後の「御馳走」ですが、金魚に対して“エサ”と言わずに、“御馳走”と言うところは、やはり鹿島が金魚を大事にしている思いが表れています。
 第2連では、第1連に見られるような“特別な”語を用いているわけではありません。しかし、歌詞全体をよく観察すると、昼寝時に口からあぶくが一つこぼれ、夢から覚める金魚が歌われていることがわかり、鹿島が金魚鉢に入っている金魚を(おそらく)近いところでじっと夢中で眺めている様子が読み取れます。
 第2連で歌詞は終わっていますので、その後の金魚の様子は分かりません。しかし、第1連では、「おめめをさませば 御馳走するぞ」と歌い、第2連で「昼寝うとうと 夢からさめた」とありますので、仮に第3連があれば、眠い目をしながら“御馳走”を食べる金魚の様子が歌われるでしょう。しかし、この連を歌わないところに、日本人性が表れているような印象をこの歌詞から受けます。

《作詞者の思いは英語で表すことができるか》
 上述の点は、山岸教授の御訳ではどう表されているでしょうか。
 「べべ」はclothesとなっています。「べべ」という語がもつ柔らかい響きがない訳語ですが、これが翻訳の限界と言えるでしょう。山岸教授のお言葉をお借りすれば、「近似値的訳語」ということになります。翻訳の世界では、どうしてもこのようなある種の“妥協”が必要になってきます。しかし、決して翻訳不可能では無いということは、山岸教授がブログにてお書きになっているとおりです。(http://blog.livedoor.jp/yamakatsuei/archives/2013-09-24.html
 「おめめ」も「べべ」同様ですが、ここでは慣用句的な使用ですから、eyesを訳すことは避けるべきであるということになります。
 「御馳走」の訳語はa wonderful mealです。ここでの「御馳走」は別にいつもより高級なものを指しているのではなく、いつもの“エサ”とは少々異なるもの、“特別な”ものということでしょうから、その点を踏まえた訳語にする必要があります。
 第2連の御訳では、特別な翻訳技法が用いられているわけではありませんが、andがあることで、物事の順番を確実に表すことにより、金魚を熱中して見ていた様子が分かるように思えます。
 最後ですが、詞全体を通して見ますと、goldfishにpretty littleという形容詞が付いていること、そして、goldfishをitではなく、heという代名詞が当てられている点も、鹿島にとっての“金魚”がどのような存在であったかを表す好例と言えます。

平成26[2014]年3月24日
  大塚 孝一