江差追分
Esashi Oiwake

北海道民謡

英訳:山岸勝榮
(C)

Esashi Fisherman's Song

Hokkaido Traditional Song
English Translation: YAMAGISHI Katsuei (C)



無断引用禁止

英訳を引用する場合は必ず英訳者の氏名を明記してください。

商用利用禁止。商用利用の場合、英訳者との事前の合意が必要です。

You may copy / duplicate this translation as long as the translator / copyright holder is specified.
C
opyright (C) YAMAGISHI, Katsuei
You may not use my translation for commercial purposes.
If you want to make commercial use, you must enter into an agreement with the translator to do so in advance
.


「江差追分」YouTube
(右クリックで「新しいウインドウで開く」から)

この歌を聞くたびに、この歌を歌わせればプロ並みだった我が亡き父新潟県出身;明治36年〜昭和60年を想い出す。
父は民謡はたいてい好きだったが、特にこの歌が好きだった。まだ私が幼なかった頃、よく家族の前でこれを歌った。
そんなわけで、私もこれが大好きになった。威勢もよいが、同時に北の海の厳しさや漁の辛さを感じさせる歌でもある。
この翻訳はそんな我が亡き父の鎮魂のためでもある。


(前唄)
国を離れて 蝦夷地(えぞち)が島ヘ ヤンサノエー
幾夜(いくよ)寝ざめの 波まくら
朝な夕なに 聞こゆるものはネ
友呼ぶ鴎(かもめ)と 波の音

Leaving my hometown to go to the Yezo, Yo-heave-ho!
How many nights and days did I spend on my sea voyage?
In the morning and evening the only thing I could hear
Was the piping of sea-gulls for friends and the sound of waves

(本唄)
鴎の啼く音(ね)に ふと目を覚まし
あれが蝦夷地の 山かいな

I happened to wake up at the cry of the sea-gulls
And wondered if the land I saw was the Yezo

(後唄)
月をかすめて 千鳥が鳴けばネー
波もむせぶか 蝦夷の海

Hearing the plovers, chirping across the moon, Yo-ho!
The rough waves sounded sorrowful in the Yezo sea





無断引用禁止
Copyrighted