どんぐりころころ
作詞:青木存義 作曲:梁田貞
英訳:山岸勝榮(C)


An Acorn Rolled Down
Lyrics: AOKI Nagayoshi Music: YANADA Tadashi
English Translation: YAMAGISHI Katsuei (C)



無断引用禁止
英訳を引用する場合は必ず英訳者の氏名を明記してください。
商用利用禁止。商用利用の場合、英訳者との事前の合意が必要です。
You may copy / duplicate this translation as long as the translator / copyright holder is specified.
Copyright (C) YAMAGISHI, Katsuei
You may not use my translation for commercial purposes.
If you want to make commercial use, you must enter into an agreement
with the translator to do so in advance.





MIDI

1.
どんぐりころころ ドンブリコ

お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
坊ちゃん一緒に 遊びましょう  

An acorn rolled down; he plopped with a splash   
Into the clear pond. Oh, my gosh   
There came a loach and greeted him   
Little boy, let’s have a good time together


2.
どんぐりころころ よろこんで

しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が 恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた   

The acorn who rolled down was glad to hear the news   
For a while in the pond the two had fun   
But he said he missed the mountain after all    
Crying and giving the kind loach much worry 




無断引用禁止
Copyrighted



この歌に著作権はありません。
MIDIはこちらから借りしました。
イラストはこちらからお借りしました。




以下の文章は私のゼミの特修生で大学院博士前期課程1年生の大塚孝一君の手になるものです。
興味深い比較ですので、同君の了解を得て、転載します。


山岸教授の「どんぐりころころ」の御訳に見られる「リズム」を感じるところを以下に記します。

 @plopとsplashの破裂音pが産み出す軽快さ
 A1番1行目のsplashと同番2行目のgoshにおける脚韻
 B2番2行目のFor a while in the pond the two had funとリズムが完全に一致している点。これは例えば「桃太郎」の「ひとつわたしにくださいな」の英訳Will give you me one of them?に見られるリズム感と同じです。
 C2番4行目のloach muchにあるchの音の連続から感じられるリズム感。
 
 私が気がついた点は4点ありました。わたしの訳にはいずれも無いリズム感であり、わたしの詩は歌としての特徴が無く、まったく面白みがありません。

 その他にも、単にrollだけではなく、downを加えること、saying helloに違和感を抱きながらもgreetという別の選択肢が思い浮かばなかったこと、原詞の「困る」は、どじょうが“弱っている”ことであり、botherでは意味が強すぎたことなど、山岸教授の御訳から学んだことは多くございます。

 このように山岸教授の御訳とわたくしのものを比較しますと、いかに母語である日本語も、英語も判っていないということを直視することになります。しかし、それが現実ですから、決して諦めずに、あと1年勉強してまいります。

平成25[2013]年
  12月30日
    大塚 孝一