城ヶ島の雨
(Jõgashima-no-Amé)
作詞:北原白秋 作曲:梁田貞
英訳:山岸勝榮 (C)

Rain Over Jõgashima
Lyrics: KITAHARA, Hakushu  Music:YANADA, Tadashi
English Translation: YAMAGISHI, Katsuei (C)


無断引用・使用厳禁

英訳を引用する場合は必ず英訳者の氏名を明記してください。
商用利用禁止。商用利用の場合、英訳者との事前の合意が必要です。
(詳細はこちら参照)
You may copy / duplicate this translation as long as the translator / copyright holder is specified.
Copyright (C) YAMAGISHI, Katsuei
You may not use my translation for commercial purposes.
If you want to make commercial use, you must enter into an agreement
with the translator to do so in advance.



こちらにこの詞の内容をよく感じさせる歌と動画ある。
こちらにmp3の音源がある。
こちら藤山一郎の独唱になる「城ケ島の雨」がある。


雨はふるふる 城ヶ島の磯に
利休鼠(りきゅうねずみ)の 雨がふる

The rain is falling, falling, over Jõgashima's rocky shores
The greenish gray rain is falling softly without an end



雨は真珠か 夜明けの霧か
それともわたしの 忍び泣き

Should I compare this shimmering rain to a pearl or the pre-dawn mist
Or to my own quiet tears?



舟はゆくゆく 通り矢のはなを
濡れて帆上げた 主(ぬし)の舟 

The fishing boat is going down, down the Tõriya rapids
My master's boat, he raised sails in white water



ええ 舟は櫓(ろ)でやる
 櫓は唄でやる
唄は船頭さんの 心意気

Oh, the boat works by oar
And the oar works by song
And the song is sung to the rhythm of a job well done


雨はふるふる 日は薄曇る
舟はゆくゆく 帆がかすむ

The rain is still falling, falling, and the sky thin clouds over
The boat is tacking out, out to the sea till its sail is lost in the haze


 

無断引用・使用厳禁
 Copyright (C) YAMAGISHI, Katsuei
 
           
                     

       ● 「城ケ島」(Wikipedia)(参照」4.1)┃● 「利休鼠」という語に付いてはこちらの説明を参照┃
● また、具体的な色についてはこちらを参照
● 「白秋記念館
       概要」YouTube
「北原白秋伝『城ケ島の雨」(こちら● 「『城ケ島の雨』と白秋の三崎時代」(こちら)┃
● 「三浦市内の北原白秋の詩碑・歌碑」(こちら


Jogashima

この詞・曲共に著作権はありません。
壁紙はこちらからお借りしました。